おやじのための自炊講座

このあいだの土曜日、あまりの寒さに、大宜味村の産業祭りに行くのをあっさりやめたことを
ちょっと後悔しつつも、冬の日は、ちぢこまりながら本を読む時間もたのしい。

c0060254_10572741.jpg『おやじのための自炊講座』という本
(しんやが図書館で借りたんだけど、けっこうおもしろい)の
著者・ジミヘンさんが
開高健さんと辻調理師学校の辻さんの会話を
引用されていました。

開「料理は一種の芸術だと思うが、
爛熟期を迎えた次はどうなるんでしょう?」
辻「素朴に戻るのでしょう。ただ、元の素朴ではなく、
もっと高度ないろんな隠し味をもった素朴に戻ると思います」
それを受けて、ジミヘンさん。
「人は長い年月を使って本質的なものに戻ろうとする生き物だ」

開高健さんは大将(名前のない料理店)の好きな作家。
そういえば大将を取材していた頃だったかな、開高さんの本を読んでみたことがありました。
大将がたまに使う言葉のひとつを発見した以外、ほとんど何にもわからなかったけど(笑)

さて、大将はこの時期、特に忙しくしているようす…

12月23日は「島やさい食堂てぃーあんだ」のイベントにスイーツ出店。
この日は、大将の他、「きとねいち」でいつも長い長い列をつくっている
パチャママの優子さん、プカプカプーカのマイさんも出店されます。
マイさんが料理している姿を一度見たことがあるのですが、
それはそれは楽しげで、見ているだけでもうれしくなったことをよく憶えています。


12月24日は「cafe+more オウチ」 に出張。
ディナーコースは、前後に飲み物がついて6,000円。
デザートは、オウチのあさこさんがつくります。
(このデザートにIDEAにんべんもちょっとだけからみます)

cafe+more オウチ。
住所:沖縄県宜野湾市嘉数4-1-23 A-16
電話:098-894-3594
時間:17時から21時まで(要予約)
[PR]
by u-wakaroku | 2008-12-10 10:59


<< 年忘れサンタクロース 冬と器 >>