自幼常為旅

c0060254_9585580.jpg大宇陀に行ったとき、
大願寺という小さなお寺にはいって、
おみくじをひきました。
2人で1枚(そんなんありか?)。
なかなか古風なおみくじ箱でした。
表記も古風。
「自幼常為旅」→いとけなきよりつねにたびをなす
(なにごとも、さだまらず落ち着かず
 旅をさまよう如きをいうなり)

◎このみくじにあたる人は、たび、
たこくをかけまわりかせげばしあはせよし
萬事この心にてこのほうより足をはこびてする
◎のぞみ事かなう
◎失物たづねてよし東のほう高き所にあるべし
◎就転旅立よろずよし
◎転は土、金、糸に縁あることよし
◎いままではけわしき山路こゆるともすえは花さく野辺にいづらん

沖縄に帰ってきてそうそう、シンヤは会社にふりまわされています。
勇気を出して、転じるべし。旅立つときではあるまいか。

ところでみなさんは勇気の翼を広げたいとき、どんな歌を聞きますか?
[PR]
by u-wakaroku | 2005-11-11 10:01 | それぞれの旅


<< 那覇の沖縄料理。 '05秋帰省おぼえがき... >>