読谷村で味噌といえば…

c0060254_9425775.jpg読谷村農漁村生活研究会の
トーマーミー(空豆)味噌と、
のぶおばぁの空豆チップス。
2つのラベルを制作しました。
もろもろの手続きに
とてつもなく時間がかかったけど、
刷り上がって、うん、やっぱりうれしい。

いつ会っても、
なにかと忙しそうにはたらいている
生活研究会の個性的な面々、
そしてのぶおばぁ。
60歳になっても、70歳になっても、
80歳になっても…
c0060254_9433020.jpgむかうところがあって、
やりたいことがあって、
だれかのよろこびになっている
彼女たちの姿から、
いつも元気をもらっています。

9月2日、3日、のぶおばぁたちは
読谷村役場のロビーで、
豆の展示会をするそうです。
(読谷村はかつて豆どころでした)
味噌やチップス(砂糖やゴマをまぶしたものと、
塩味の2種類)などの他、
3日は、のぶおばぁ自慢の
ゆし豆腐もつくるとのこと。
10時頃から15時頃まで、です。

もちろん「ゆいゆう市」でも販売しています。
近いうちに、「むら咲むら」(読谷村)や
「ちゃんぷるー市場」(沖縄市)でも販売予定。

●ゆいゆう市
毎週金曜日、15時頃〜夕方にかけて開かれる小さな市場。
野菜、総菜、加工品などを販売。
ゆし豆腐の販売は、第3金曜日のみ。
場所:読谷村都屋167-2(6号線沿い、村の診療所隣)
[PR]
by u-wakaroku | 2008-08-30 09:50 | 「IDEAにんべん」のしごと


<< 日本の“今”を感じる 夏のきとね夜市 >>